ふるさと納税について考える。

ノンカテゴリ

ふるさと納税について考える。
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ふるさと納税の流行った理由

まずそもそも、ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本の個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体(都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。

出典 http://ja.wikipedia.org

ふるさと納税、またはふるさと寄付金とも呼ばれ、寄付した額とほぼ同額の税額控除が受けられる制度。

そして、その際に各自治体より『寄付してくれてありがとう』って意味で様々な返礼品が送られている。

テレビなどでも取り上げられ、こんなにスゴイ返礼品もあるとの事で、一気に人気が高まった。

どんな返礼品があるの?

佐賀県上峰町では、10,000円以上の寄付で、『九州産豚モモしゃぶしゃぶ用4000g』を返礼品としてもらえる。

北海道根室市では、20,000円以上の寄付で『 カット済み&人気部位のみ「ボイルずわいがに棒肉1kg(31~50本)」』が返礼品としてもらえる。

良い事尽くしの様だが、問題もある

こんなニュースも!

まとめ

元々は、地方の活性化が目的だった『ふるさと納税』ですが、ついに批判も多くなって来てますね。

上記にも書いた通り、任意の自治体に寄付した金額が居住地の住民税から控除されるもの。自治体もこれに応じ、様々返礼品を贈っている。

この図式だけなら、我々納税者も地方の税収の少ない自治体も正にWin-Winに見えるのですが。。。

当然、居住してる地域の自治体の税収は減る訳です。
ここで、この制度を利用しても、全額居住地側の自治体に納税しても、居住地側の自治体の行政サービス変わらず受けられる事から、税の公平性の面でも問題が出てます。

また、返礼品を贈る側の自治体も、より多くの方に寄付してもらえるように、豪華になりつつあり、なかには金券や家電などのいわゆる『バラマキ』とも思える状態もあるようです。

確かに自宅の周りの照明や道路、行政サービスの恩恵を受けている自治体の税収が下がって、ピンチになってしまうと我々の生活に支障も出かねませんね。

何事もバランスですし、自分の周りの言わば『あたりまえ』のモノに、その税金が使われる可能性がある事を我々納税者も考えなければなりませんね。

やはり、余裕があればやってみよう!
その位が一番バランスが良いかも知れませんね。

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサードリンク

カテゴリー

月別アーカイブ